こんばんは。ラムジです。

44WにRVH(6786)を仕込みました。
(久々の株式購入だったのでちょっと緊張しました。笑)

さて、何を考えてこの銘柄を買ったか説明します。

RVHのビジネス概要

さて、この会社はいわゆる複数の会社の株式を保有するホールディングです。
元々は医療用3DグラフィックスLSIの製造会社として創業しましたが、複数の会社を買収し現在は創業と大きく違う業態になっています。

pic_rvh1

株式会社RVH 2017年3月期 事業計画より http://rvh.jp/pdf/ir/00/BP_062016_00.pdf

2015年に大手脱毛サロン「ミュゼ・プラチナム」をグループに迎え入れたことにより売上高が約5倍!!に急伸しました。

pic_rvh2

株式会社RVH 2017年3月期 事業計画より http://rvh.jp/pdf/ir/00/BP_062016_00.pdf

カギは脱毛美容から拡大する新規事業かも

メディアコンサル事業も伸びていますが、それよりもやはり気になるのはRVHの新たな主役であるミュゼ・プラチナム(以下、ミュゼと書きます)です。

RVH傘下になった後も順調に会員数は増加し、現在は約293万人!!※となっています。(※会社発表の値)

pic_rvh3

株式会社 矢野経済研究所「エステティックサロン市場に関する調査結果 2015」より

矢野研究所による市場調査報告によると例年のエステ市場はほぼ横ばい。

ただ、レポート中でも挙がっているが、
「脱毛特化型サロンの成長により脱毛市場が微増で推移する見通し」
とのことで悪くはない見通しと取れます。

この調子でミュゼが主力として堅調に伸びる事は想像できるのかなと。

既存ビジネスとのシナジー

ミュゼの既存マーケティング戦略をより効率的に回せる可能性があります。

現在は少なく金額を広告費に投じているわけですが、この大部分を内製化できる可能性があるわけです。

これはミュゼ単体での販促費削減にも大変効果的です。

またそれ以外にも、グループ内で資金を回して流出を抑える事が出来たり、何よりグループ内にWEB活用のノウハウが蓄積されます。

蓄積されたノウハウは士業ビジネスや、コンサル事業で生きるはず。

今や、消費者向け広告でWEBを外すことはできません。
そのコアな要素をグループ内で醸成することができます。

注目は新ビジネス

僕が注目しているのは「ミュゼパスポート」です。
会員制のサービスで、その専用アプリも用意されています。
このプラットフォームを通して脱毛以外のビジネスを展開できる可能性が高いと考えています。

ぱっと思いつくのは他社のサービスを紹介して広告費、紹介費を得ることですね。
美容にお金を使う意識が高い見込み顧客が300万人近くいることはサービス依頼側にとって大変魅力的です。

美容業界で圧倒的認知度を誇るブランドであることをうまく活用して、新規ビジネスを育てていってほしいと期待しています。

ラムジ的まとめ

次回以降の発表はこの新規事業の立ち上げについて注目して行こうと思います。

そもそもこういうガンガンM&Aを進めていく会社は嫌いじゃなかったりします。笑

もちろん買収だけではイマイチで、M&A後のシナジー創出をお手並み拝見といったところですね。

さて、最後に値動きについて。

年初来安:565円(2/15)
年初来高:1699円(5/17)

この高値の後は745(9/5)まで落ち込みます。
1年間かけて綺麗な山が一つできている状態です。

5/13の決算短信の後に債務の問題が取り上げられて、そのまま見捨てられて放置という流れでした。
僕が買ったタイミングはまだこのリスクが不透明な状態でした。
(この点は書こうか悩んだんですが)

個人的に、こういうタイミングでリスクをある程度取らないと割安に仕込むのは難しいという考えのもとです。

10/26のIRにより本件は収集に向かいますが、今のところ大きく株価が反応することはありません。
なにやら大きいところが大量の買いを入れているので、利確の圧力がありそう。
もうちょっと材料が欲しいですね。

まだ予想PERは5.47倍です。
これからの伸びに来たいですね。
まぁ気長に所有したいと思います。

書いていて思ったのですが、分析が浅いですね・・・orz
これから精進せねば・・・